北キャンレポート

Report

北キャン便り Vol.18 一般公開セミナー「がん医療の最前線~遺伝子診断から、がん個別化医療へ~」を開催

  • がん治療は、遺伝子診断に基づいて、患者さん一人一人に最適な治療を行う「個別化治療」へと大きく変わりつつあります。北海道大学病院では、平成26年から進めてきた「バイオバンク(生体試料管理室)」での研究成果をもとに、今年4月から、がん患者さんが持つがん遺伝子の異常を網羅的に調べる「がん遺伝子診断(クラーク検査)」を開始しました。このセミナーでは、クラーク検査の実績をもとに、がん個別化診断の必要性についてご説明するとともに、最新のがん薬物療法の現状や今後の展望についてご紹介します。参加料は無料となっておりますので、この機会に是非ご参加下さい。

    『がん医療の最前線~遺伝子診断から、がん個別化医療へ~』

    日時:平成28年10月30日(日)13時30分~15時30分
    (13時受付開始)
    場所:北海道大学医学部 学友会館フラテ大ホール
    (札幌市北区北15条西7丁目)
    主催:北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)・札幌市

    ■プログラム

    講演①
    13時30分~14時30分

    北海道大学病院の網羅的がん遺伝子診断「クラーク検査」による、がん個別化診断について

    北海道大学病院がん遺伝子診断部

    統括マネージャー 特任教授 西原 広史 氏

    講演②
    14時30分~15時30分

    がん薬物療法の最前線について

    北海道大学病院腫瘍内科病棟医長 診療准教授 清水 康 氏

    ■参加申し込み
    いずれかの方法でお申し込みください。

    ①電話:011-708-6392(受付時間:平日9時~17時)

    ②FAX:011-747-1911

    ③メール:kenkyu@noastec.jp

    ④申込フォームからの申し込み

    ※お名前、ご職業、連絡先の電話番号、E-Mailアドレスをお伝え下さい。
    ※FAXでのお申し込みは、以下の応募用チラシにある「参加申込書」をご利用ください。

    ◇申込受付期間:10月11日(火)~10月28日(金)

    がん医療の最前線セミナー応募用チラシ

    ■お問い合わせ先

    公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)研究開発支援部

    担当:岡、鈴木洋平

    電話:011-708-6392 FAX:011-747-1911

ページ上に戻るページ上に戻る