北キャン便り
北キャン便り

Vol.25 第3回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー開催

第3回北極域オープンセミナー案内(PDF 5.7M)

          •  企業や官公庁の皆さまに北極域の最新情報を提供すると共に、新規参入の需要を喚起することを目的とします。第1回、第2回は、「北極海・航路の利活用」を取り上げ、利活用戦略、運行情報と展望、コンテナ輸送の展望・課題、ヤマルLNGの運送と課題、北海道庁の北極利活用に向けた取り組み、利用に向けた応用技術、北極と世界・日本の未来など、北極海航路にまつわる動向や展望について講演しました。
          •  第3回は「産業創出の可能性に向けた北極域利活用」として、各産業分野における北極域利活用の可能性や展望、課題等について講演します。
          •  また、第4回目以降は、北極域の利活用の可能性、北極域のガバナンス、環境変動と影響・保全に関する研究等、幅広い内容を予定しています。
      • 第3回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー

        日時:2017年7月24日(月)13時00分~18時10分
        場所:北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点
        1F多目的ホール(札幌市北区北21条西11丁目)
        主催:北極域研究共同推進拠点
        (国立大学法人北海道大学北極域研究センター,大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所国際北極環境研究センター,国立研究開発法人海洋研究開発機構北極環境変動総合研究センター)

        プログラム

        < 開会挨拶(13:00-13:05)>
        北海道大学北極域研究センター長  齊藤 誠一

        < セミナー(13:05-18:10)>

        (1) 北極海航路の海運・物流の現状と展望(仮)(13:05-14:05)
        中国遠洋海運集団有限公司グループ
        (COSCO Shipping Specialized Carriers Co.,Ltd.)
        特殊貨物営業センター上海地区担当経理 LI,JIAN 氏
        多目的重量物船欧州航路担当経理    ZHAO,YINGNAN 氏
        五十嵐 公 氏

        (2) 北極域・ノルウェーにおける石油・ガス開発の取組と展望(仮)(13:05-14:50)
        出光興産 資源部石油開発欧州統括課
        課長代理 高橋 照之 氏

        (3) ヤマルLNGプラント建設の課題と展望(14:50-15:35)
        日揮株式会社 オイル・ガス統括本部 中東・アフリカ・欧州・CIS事業本部
        本部長代理 阿部  茂 氏

        < 休 憩(15:35-15:50)>

        (4) 北極域海底ケーブルの通信利用と展望(仮)(15:35-16:35)
        北海道大学大学院情報科学研究科 教授 山本  強 氏

        (5) 北極の海氷減少と漁業拡大の可能性:北極公海漁業をめぐる国際交渉の動きについて(16:35-17:20)
        東京海洋大学海洋政策文化学部門 教授 森下 丈二 氏

        (6) 極東ロシアにおける農業プロジェクトの現状と展望(17:20-18:05)
        北海道銀行 国際部ロシア室 室長 三上 訓人 氏

        < 閉会挨拶(18:10-18:10)>
        国立極地研究所国際北極環境研究センター長  榎本 浩之 氏

        < 意見交換会(18:20-19:50)>
        場所:北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点
        2Fオープンカフェ
        会費:2,000 円

        お申込み・お問合せ先

        申込み方法:WEBで→ http://j-arcnet.arc.hokudai.ac.jp/news/21183/
        申込み締切:2017年7月18日(火)
        ※お申込みメール受領後に確認のためご返信いたします。
        北極域研究共同推進拠点事務局(北海道大学北極域研究センター内)
        TEL:011-706-9073/FAX:011-706-9623

ページ上に戻るページ上に戻る